運営委員の紹介

運営委員長

増田 和剛 (高知中・高等学校)

コロナ禍の社会になって早くも3年目が過ぎようとしています。様々なまちづくり活動も、コロナ禍の影響により様変わりし、以前より増して、活動の方法も多種多様に変化してきているように感じます。このような状況下で、活動に対して足踏みをしている方も多くいるのではないかと危惧しています。まちづくりという大きな器の中で、なにもすごい活動をすることはなく、日常生活の一コマを切り取り、そこに課題を見つけ、その課題を解決していく動きこそ、今、求められている活動ではないかと思います。まずは、行動に移してみましょう。その活動によって、周辺の人たちとの関わりを大切にしていきましょう。そして、最終的には、まちを良くしていこうという同士の活動がつながりまちづくりという大きな器を満たしていきませんか。ちなみに、私自信の活動エネルギーの原点は、このことばから始まります。「きっかけは、はじまり」今見えている景色も、いつもと違って見える日がやってくることでしょう。

副運営委員長

堀 洋子(公益社団法人 高知県建築士会)

コロナ禍アレコレ!!

【しごとの事】コロナ禍前、日頃からひとり事務所で仕事をしているので、仕事量は減ったが影響もなく変化も少ないです。所属している、建築士事務所の活動はストップ、会議はリモート会議が主でいまだ参加していない。
【日常の事】 おうち時間が増え、コロナニュースにはまり気味です。朝の散歩時にいつもの「おはようございます」の挨拶が出来ず、目と目でアイコンタクトをしている。日頃出来なかった庭の植木いじり(アジサイの手入れ、庭中にアサガオを咲かせた。)来年のための種採取でひまつぶし。不要に出掛ける機会が少なく、健康のために毎週の日曜市を徒歩で出掛て楽しんでいる。不要な出費が少なくなった。

運営委員(あいうえお順)

佐竹 真紀(龍馬学園グループ 学校法人やまもも学園)

みなさんにとって、高知市はどんな街でしょうか?
自然がたくさんあり、食べ物が美味しく、人も温かい。そんな全国に誇れる街が持続してい
くために、このまちづくりファンドが大きな役割を果たせないだろうかと、私は考えていま
す。
まちづくりは、市民自らが社会問題を自分ごととしてとらえ、共に考え、共に学び、共に楽
しみ、共に動く協働作業です。
まちづくりは、ある一定の人たちだけで成し得るものではなく、市民全体で高知に愛着をも
ち、様々な課題を克服し、社会を良くしていくものだと思います。
そのためには、幼い頃から大人と一緒になって、まちづくりに参加する土台が必要です。
高知市をさらに魅力的な住みやすい街にするために、私も微力ながら尽力してまいります。
どうぞ皆様方のご協力をよろしくお願いします

四宮 成晴(四宮計画事務所)

まちづくりファンド、運営委員を続けているが、未だ明解なモノサシとボーダーが定まらない。課題解決のために心躍る様々な手法を以て挑んでくる応募団体に出会うと、長年培ってきた都市計画/まちづくりコンサルタントとしての自負と判断基準が揺らぎ、狼狽える。それでも、1つ信念にしていることがある。到達点を明確にし、バックキャスティングを以て進める団体に畏敬を、フォアキャスティングがしっかりしている団体には敬意を表したいと心に決めている。

高橋 鉄昭(高知市社会福祉協議会 土佐山健康福祉センター)

令和2年3月に高知市役所を退職し、高知市社会福祉協議会の土佐山健康福祉センターで緑に囲まれ仕事をしています。
 そんなおり、役所時代に一緒に仕事をしていた地域コミュニティ推進課のKくんから、是非運営委員をとの連絡があり、少しでも「まちづくり」に貢献できればと引き受けさせていただきました。 しかし、いざ審査会が近づくにつれ後悔の念が沸き起こってきましたが、いろいろな活動を行っている団体やその活動内容を勉強させていただき、一緒に「まちづくり」に参加できればと思っています。
このコロナ禍の中で、いろいろと生活に変化が起きています。これからの地域の在り方を一緒に考えていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

宮地 貴嗣(ラ・ヴィータ宮地電機株式会社)

 「高知市まちづくりファンド」は高知市を良いまちにするための、方法手段として、20年を迎えようとしています。市民が、高知市のために、何かをしたいと思っても、できることは限られています。このファンドは、そんな市民の皆さんの熱い想いに対して、資金的に後押しする制度です。
  一方、市民からいただいた税金を、一部の人の楽しみや利益のために使うことは許されません。審査を公開で行い、誰でも参加できる場で、助成に値する事業かを判断しています。また、助成申請される団体は、他の団体とつながることで、それぞれの事業を共有でき、相乗効果を生むことができます。この高知市まちづくりファンドを活用して、たくさんの市民団体の活動が、活発になることを期待しています。

山本 直子(聖建築研究所/ギャラリー樹下の舎)

令和5年度から新しく運営委員に参加させていただくことになりました。

私が働く設計事務所は、土佐山田の旧道沿いに面している築130年を超える古民家にあります。かつては多くの買い物客があふれた表通りもシャッターが閉まり、全盛期の活気は失われました。それでも最近はポツポツと新しい魅力的なお店ができたり、移り住んで来た家族がいたり、人の営みを感じることができるのが救いです。地域の建築士として、まちの活性化のために何かできないかと考え、事務所の一部を「ギャラリー」と「おでかけ図書館」としてまちに開くことにしました。また、地域のアート施設を周遊しながら町歩きを楽しむイベントを企画し開催してみるなど取り組みを始めたところです。 「高知市まちづくりファンド」で、想いあふれる団体さんの活動から、刺激や学びをいただくことを楽しみにしています。よろしくお願いします。

吉本 怜(高知工科大学 経済・マネジメント学群)

 高校時代にこうちこどもファンドの審査委員を務めさせていただいたご縁から委員をさせていただくことになりました。こどもファンドで培った能力を活かし、大好きな高知のまちづくりにまた携われること嬉しく思います。高知市を豊かな地域社会にしていく様々な団体や活動を知り、それを審査する責任ある立場で活動団体の皆さんの想いを受け入れまちづくりの大切さを学びたいと考えます。
 また私自身の成長にも活かしていき、将来は生まれ育った高知でまちづくりや人と人の絆を大切にできる人材になるために重要な活動だと考えます。若輩者ではございますが、これからよろしくお願い申し上げます。

退任の挨拶

田中 希和(高知市文化振興事業団)

このたび、人事異動のため、任期満了のタイミングで退任することになりました。

助成団体として運営委員として、様々な形でまちファンに関わる機会をいただく中で、様々な団体の活動やそれぞれを取り巻く環境を知ることができ、多くのことを学ばせていただきました。関係の皆さまには大変お世話になりました。 これからも皆さまのご活躍を心より応援しております。ありがとうございました。

中平 大輔 (社会福祉法人 昭和会福祉事業所 えぼし)

私は活動団体、運営委員、両方の立場で「まちファン」に携わらせていただきました。活動団体の際には、「まちファン」を通しての出会いや繋がりが7年間の活動の大きな支えとなり、多くの皆さんに大変感謝しています。その後、運営委員として、多くの活動団体が「まちファン」を通して発展していく様子を見させていただき、改めて「まちファン」は高知市民の豊かさを育む大きな財産であることを実感しました。今後もたくさんの人が「まちファン」に関わり、より良い高知市となるよう願っております。